今後の副業のあり方について

副業がどんどん当たり前になりつつあり、企業も認めつつある状況なのか今後どのようにあるべきでしょうか。特にインターネットで時間や場所を超えて副業ができるようになった今は、誰もが簡単に取り組めると言う大前提の中、様々な取り組みが行われるようになっています。しかしながら、それとともに副業にも様々な課題が出てきていることが確かです。 まずは、税金の問題です。意外に個人が本業とは別で副業を行っている場合にどのような場合に納税義務が発生するのかどのような形で納税するのか知られていません。悪意がなくてもこの知識がないままに副業をしていくと後後で追徴課税をせざるをえなくなるといったトラブルも発生しかねません。ですから服用行う場合にはまずは税金についての知識を蓄える必要があります。 これはインターネットで確認するもよし、近くの税務署に質問するもよしです。自分自身が行う副業の形によって変わってくると思います。 次に本業とのバランスです。いかに企業が就業規定で副業を認めるとされているとしても、本業とのバランスを見失って副業に集中するあまり、後のトラブルの元になると言う可能性も出てきます。現在はライフ&ワークバランスが叫ばれていますが、副業を実際に展開していこうと考えるのであれば、事前にライフ&ワークバランスに加えて副業が入ってきた場合の時間の使い方やプライベートの使い方をきちんと想定しておかねばなりません。 そして、少しマクロの話になりますが世帯収入大国として把握する際にも副業はどんどん逆になってくれば世帯収入は本業収入だけでは正しく測れない可能性が出てきます。もちろん、納税の義務や理由がわからないままにネット副業や一緒に手伝いながら家族が副業データ収入も世帯収入になるにもかかわらず反映されないからです。 正しく、日本の世帯収入を図るためにはネット副業や副業で得た収入も統計に統合されるべきだと思います。ここが統合されない限り正しい調査結果が出てきません。 次に、副業を積極的に行うことによるトラブル解決です。どうしてもインターネットを介して副業を行うとなれば個人ベースでの取引になるのでトラブルも発生しかねません。この時に弱者が不利にならないように紛争解決の方法を考えていくべきだと思います。 副業だから、個人だからと言うことで泣き寝入りするような現場を流していく必要があると考えます。 このようにますます盛んになる副業、ネット副業を支えていくための課題はいくつかあります。

SNSでもご購読できます。